宮城県 仙台 建設業許可 経営事項審査 経審 の 行政書士 福島和洋 法務事務所!
行政書士 福島和洋のサイト
建設業許可 経審.jp
建設業新規申請、決算変更、経審から入札参加資格登録まで完全サポート!
電話:0229-63-2053/FAX:0229-63-2153



宮城県内の建設業許可申請や経審おまかせください!

 当事務所では仙台市内はもとより、宮城県内全域の経審(経営状況分析申請、経営規模等評価申請)、入札参加資格登録申請を代行しております。
 経審(経営状況分析申請、経営規模等評価申請)、入札参加資格登録申請の流れは下記の通りです。


STEP1:当事務所へのご連絡

 メールもしくはお電話にてご連絡ください。お問い合わせの他、お客様の状況等を簡単にうかがわせていただきます。

TEL:0229−63−2053
※もし、お電話いただいた際に「電話番号を通知しておかけ直しください」というアナウンスが流れましたら、
186−0229−63−2053とおかけ直しください。お手数をおかけ致しますが宜しくお願い致します。
メールの方はこちら

STEP2:お客様との打ち合わせ

 決算変更・経審に際し、お客様との打ち合わせを実施いたします。宮城県内無料で出張致します。

STEP3:お見積もり

 お客様の現状に合わせてお見積もりさせていただきます。ここで受注となれば次へ進みます。

STEP4:決算変更届

 決算から4ヶ月以内に決算変更届を作成し、提出します。これを提出していないと、経審を受けることができない他、更新申請ができなくなります(すでに決算変更届を出していらっしゃる方は次へ進みます)。

STEP5:経営状況分析申請

 分析機関に分析申請書を作成し、分析を依頼します。これを行っていないと、次のステップ以降の手続きを行うことが出ません。

STEP6:経営規模等評価申請

 これを受けることにより、次のステップである入札参加資格登録申請を行うことができるようになります。ちなみに経営規模等評価申請は、いつでも受けられるわけではなく、開催日が月ごとに決まっています。そのため、決算変更の時点である程度の余裕がないと、有効期限である1年7ヶ月をすぎてしまうことがあり得ます。経審を当事務所にご依頼くださる方は決算終了後、お早めにご連絡ください。(初めて経審を受けられる方はこの有効期限は関係ありませんが、入札参加資格登録申請の受付時期によっては急がなければならない方がいらっしゃいます)

STEP7:入札参加資格登録申請

 各公共団体に入札参加資格を登録します。登録しようとする公共団体ごとに申請しなければなりません。登録終了後、公共工事の入札に参加できるようになります。

経営事項審査(経審)・決算変更届の当事務所対応地域(記載のない場合にはお問い合わせください)
宮城県全域
仙台市(青葉区・泉区・若林区・宮城野区・太白区)、石巻市、塩竃市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、加美町、色麻町、大和町、大郷町、富谷町、大衡村、涌谷町、美里町、松島町、七ヶ浜町、利府町、女川町、本吉町、南三陸町、蔵王町、七ヶ宿町、大河原町、村田町、柴田町、川崎町、丸森町、亘理町、山元町

経営事項審査(経審)・決算変更届に関するご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ!





サイトマップはこちら

建設業許可 経審.jp 行政書士福島和洋のサイト
Copyright(C)2009 Kazuhiro.Fukushima All Rights Reserved

HOME 事務所方針 プロフィール よくある質問 報酬額表 厳選リンク集