宮城県 仙台 建設業許可 経営事項審査 経審 の 行政書士 福島和洋 法務事務所!
行政書士 福島和洋のサイト
建設業許可 経審.jp
建設業新規申請、決算変更、経審から入札参加資格登録まで完全サポート!
電話:0229-63-2053/FAX:0229-63-2153



宮城県内の建設業許可申請や経審おまかせください!

 当事務所では、お客様に喜んでいただけるサービスの提供を目指し、常にお客様の立場に立った視点から、「こういったサービスがあったら便利だろう」「ここまでサポートしてもらえると助かる」といったご意見を集め、日々よりよいサービスのあり方を追求しております。お客様に対し、サービスを提供するに当たって、この点を怠らないことをお約束致します。そのため、常に改善を行いますので、サービスの内容は常に見直され、変化していきます。

1,分かりやすい説明を心がけます。

 許認可の現場では、様々な専門用語が飛び交います。工事の現場でもきっとそうでしょう。でもこれらはその現場以外の人にとっては外国語に等しい場合があります。日常よく使う言葉でも、その現場では全く違う意味になることもしばしばです。当事務所ではこのような専門用語をできるだけ使わず、日常の言葉で分かりやすく、ご説明致します。誰にでも分かりやすい法務サービスを心がけて参ります。

2,高い専門性による付加価値のついたサービスを提供します。

 法律は日々改正されています。そればかりでなく、人それぞれ、その状況によって、必要とするものが違ってきます。当事務所では、現状、将来を見据え、専門家としての高い専門性に基づいた付加価値のある法務サービスの提供を追求し、お客様の満足を最大限かなえるべく奮闘致します。

3,お客様の自由度の高い選択性豊かなサービス。

 「手持ちの現金が少ない」「ここだけ分からないからお願いしたい」そんなお客様のニーズにお応えします。全てお任せのお客様から、部分お任せのお客様まで、お客様の選択による自由な料金体系を実現致します。詳しくは報酬額表をご覧下さい。

4,常に丁寧、謙虚な姿勢を心がけています。

 これは法律専門職としてというよりも、社会人として心がけていることです。特に私たちは普段「先生」と呼ばれていますが、はたして自分がその称号にふさわしい人間なのか、自問し、ふさわしいと思える人間であるためにも決して忘れてはならない大事なことであると考えています。

5,事前に費用・報酬を明確にします。

 私たち、士業の仕事の内容は、一般の人には分かりにくいものがあるため、料金体系についても分かりにくいというケースが多々あります。当事務所は、費用・報酬を事前にお見積もりの上、お客様にお伝えし、了承をいただいてから、業務に着手致します。

6,個人情報の保護に徹底して取り組みます。

 本サイトで取り扱う許認可関係の書類にはお客様の個人情報が記載された書類もございます。当事務所では、お客様の個人情報が漏れることのないよう、徹底して取り組みます。詳しくはプライバシーポリシーをご参照ください。





サイトマップはこちら

建設業許可 経審.jp 行政書士福島和洋のサイト
Copyright(C)2009 Kazuhiro.Fukushima All Rights Reserved

HOME 事務所方針 プロフィール よくある質問 報酬額表 厳選リンク集